週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト候補 逸材カタログ

【2018ドラフト】東妻勇輔(日体大・投手) 限界を超える男

 

お互いに高め合う存在である日体大のダブルエース、松本[左]と東妻


 日体大のWエースの一人である東妻勇輔は170センチと小柄だが、気持ちを前面に出し、腕を振って投げ込む最速152キロの直球とスライダー、スプリットで打者をねじ伏せる。

 Wエースのもう一人、松本航のことを「松本のような投手が勝てる投手」とお手本にしている。

 智弁和歌山高時代は3年春に甲子園に出場した。そのとき高校野球雑誌のアンケートで将来の夢を「体育の先生」と書いた。「小学校の頃からプロになるのが夢だったけど、プロと書くのはおこがましかった」と苦笑いで明かす。日体大・古城隆利監督がそれを読み、日体大OBである智弁和歌山・高嶋仁監督に「体育教師になるならぜひウチに」と連絡したことで、東妻は日体大に進んだ。

 当時の最速は144キロ。プロ出身の辻孟彦(元中日)コーチは「プロへ行ける素材だが、身体能力の高さを生かし切れていない」と見て、東妻に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング