週刊ベースボールONLINE

球界セカンドキャリア

元広島・齊藤悠葵の第二の人生 野球専門店(アンダーアーマーベースボールハウス川崎久地)の店長として奮闘中

 

プロ野球の第二の人生に迫る不定期連載「球人力」。引退後も野球に携わりたいと思う選手たちは多い。今回は、スポーツ用品メーカーに勤務し、バッティングセンターも併設されている野球用品専門店の店長として奮闘している齊藤悠葵を紹介する。子どもたちに野球を好きになってほしいと願い、アマ選手たちをサポートしていきたいと日々奮闘中だ。
取材・文=椎屋博幸、写真=BBM


戦力外後に即決、12月には販売員に


プロ野球界から離れて約3年が過ぎ、その顔はすっかりやわらかく、野球少年やアマチュア選手たちを迎える店長の顔になっていた。バッティングセンターや人工芝フィールドなどを完備するアンダーアーマー(株式会社ドーム)の野球専門店「BASEBALL HOUSE 川崎久地店」でスタッフを統率し、野球の面白さをお客さんに伝えながら、売り上げとにらめっこを繰り返す毎日だ。

 2013年は一軍登板もなく、オフに戦力外になるだろうと、覚悟を決めていた。齊藤本人も限界を感じ始めていたが、オーナーや球団幹部からもう1年チャンスをもらい2014年シーズンは一軍昇格を目指した。しかし、やはり上がることはできなかった。

「1年前からダメだった。コーチなどに気を使わさせている自分がいました。迷惑をかけている選手だな、と思いながら……でも、この1年間で本気でやめる覚悟が出来上がりました」

 10月1日、戦力外を通告された翌日、ある先輩を通じ、アンダーアーマーで働いている喜田剛氏(元広島ほか)が声を掛けてくれ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング