週刊ベースボールONLINE

契約更改 REPORT

12球団MONEY事情 2017-18 Part2

 

今週も多くの選手たちが契約更改に挑み、悲喜こもごもの表情を見せた。今回は何人かの選手をピックアップし、紹介しよう。→12球団MONEY事情 2017-18 Part1
(※情報は12月10日時点。金額はすべて推定。年齢は満年齢)

阪神・鳥谷敬「自分がグラウンドに立っている状態で優勝したい」


写真=前島進


 12月5日、現状維持の4億円(推定)でサイン。5年契約4年目、ソフトバンク松田宣浩と並び野手最高額で2018年シーズンを迎える。「(現役を)何歳までもできるわけじゃない。自分がグラウンドに立っている状態で優勝したい」と来季に懸ける意気込みを語った。2000安打も達成した17年は、三塁へコンバートされた1年目ながらゴールデン・グラブ賞を獲得。ただ、「サードが自分のポジションという認識はない」とも語り、正遊撃手奪還へ意欲を見せた。

西武・源田壮亮「出塁率を上げるために四球を取りたい」


写真=小倉元司


 開幕から遊撃手に定着し、新人としては史上4人目のフルイニング出場を達成した。チームの2位躍進に貢献した新人が12月4日、メットライフドーム内で契約更改に臨み・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング