週刊ベースボールONLINE

データで検証!攻守走「格付け」チェック

編集部選定で主力選手を「AA」から「C」まで6段階評価。12球団ポジション別 攻守走「格付け」チェック! 三塁手部門

 

2018年に向けた補強も一段落した。まだまだ新人、新外国人選手と未知数の要素も多いが、それはキャンプで“実物”を見てからとし、今回は12球団の各ポジションの主力選手たちをデータで検証し、「格付け」していこう。
写真=BBM ※2018年在籍、および去就未定FA海外選手が対象。基本的には2017年のデータを基にしたポジション内の評価で、チーム成績も加味しています。

宮崎敏郎[DeNA] 総合評価A 守B 走CC 打AA


AAには物足りず


 セでは初の首位打者となったDeNAの宮崎敏郎、円熟期を迎えたソフトバンク松田宣浩がいるが最高評価にするには、少し物足りなかった。

 かつての巨人長嶋茂雄を例に挙げるまでもなく、球団の「顏」的選手のポジションだったが、近年ではやや地味な印象もある。

 100試合以上出場(守備)は、セでは阪神鳥谷敬、DeNAの宮崎敏郎のみだが、パではソフトバンク・松田宣浩、楽天ウィーラー西武中村剛也オリックス小谷野栄一日本ハムレアードと、ほぼ固定されていた。18年、ロッテ鈴木大地のサード転向が実現すれば、パは全球団ほぼ固定もあり得る。

 まず守備面の評価だが、セでは宮崎がB。当初、ややフライ系の打球処理に難点があった阪神・鳥谷は1年で完全に克服。ただ、慣れ親しんだ遊撃へのこだわりもあり、18年は代わりに若手の大山悠輔が入ってくる可能性もないわけではない。巨人も若手の台頭に期待できるか。17年にセカンドと併用されたマギーは、サードで6失策と守備力は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング