週刊ベースボールONLINE

12球団キャンプトレーニング事情

春季キャンプトレーニングメニュー 巨人&オリックス編

 

2月1日にスタートした春季キャンプもいよいよ後半へ。目指す野球に違いもあることから、練習メニューには球団ごとのカラーが表れる。最下位からの再起を図るヤクルトロッテを中心に、各球団独自のトレーニングメニュー表、その一部に焦点を当ててみたい。

巨人・打てないから徹底的に振る秋から続く打撃キャンプ


2月6日から13日までの日程で松井秀喜臨時コーチ[右]も来訪し、打撃指導/写真=榎本郁也


 V奪回どころか11年ぶりのBクラスに転落した昨季の敗因はハッキリしている。リーグ最少失点、同2位の防御率と健闘した投手陣の足を引っ張ったのが、チーム打率.249の貧打線だ。これには高橋由伸監督も「実際に打てていない現実があります。克服には練習しかない。今は数(スイング量)が必要な時期」と、打撃投手も通常の8人から10人に増員し、「地獄」とも言われた昨秋のキャンプに引き続き、打撃に重点を置いた春を過ごしている。

 象徴的だったのがキャンプイン初日だ。あいにくの雨で木の花ドーム(屋内練習場)でのスタートとなったが、これ幸いとばかりに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング