週刊ベースボールONLINE

2018春季キャンプスペシャル

春季CAMPスペシャル 週ベ記者が見た! 12球団キャンプこぼれ話 セ・リーグ編

 

順調に日程を消化し、いよいよ実戦モードとなってきた12球団の春季キャンプ。今回は、本誌記者が、取材の合間で見つけたこぼれ話をお届けしよう。まずはセ・リーグから。
写真=BBM


広島・新外国人は日本通? (宮崎県・日南市)


 今季、広島の唯一の新助っ人であるレオネル・カンポス投手。宮崎・日南市で行われた一次キャンプは気温10度を下回る日もあり、慣れない日本の寒さに驚く場面もあったが、「マジサムイ」と通訳から教えてもらった日本語を使って周囲を和ませるなど、早くも広島に溶け込んでいる。「ここまでは順調に来ているよ。練習量は多いけどそれについていって頑張っているし、チームの一員として楽しんでできている」とカンポス。明るく温厚な性格もあって、チームメートからの人気も上々だ。

 NPBで成功する助っ人に共通する、日本文化の吸収意欲も十分。来日後には寿司を食べに行き、はじめはカリフォルニアロールなどを手に取っていたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング