週刊ベースボールONLINE

対論 “ヘッドコーチとは?”

西村徳文(オリックス)×伊原春樹(野球解説者) 対論“ヘッドコーチとは?” 「福良監督が目指している野球をしっかりとチームに根付かせていきたい」

 

2007年から巨人ヘッドコーチとしてリーグ3連覇に尽力した伊原春樹氏が各チームのヘッドコーチを直撃する第2回、対談相手はオリックス西村徳文ヘッドコーチだ。福良淳一監督と二人三脚を組んで迎える3年目の今季、どのような決意を抱いているのか直撃した。
構成=小林光男、写真=BBM


二軍降格を告げるのは監督がやっている


伊原 オリックスのヘッドコーチに就任してから今季で3年目のシーズンを迎えるわけだけど、自らの役割に関しては何が一番重要だと考えている?

西村 やはり、まず私が思うのは福良監督(福良淳一)がやりたい野球をコーチ、選手にしっかりと伝え、チームに浸透させ、根付かせていくということです。逆に選手がいま何を考えているか、例えばコーチを通じて耳に入ってきたら監督に話さないといけないときもあります。そうすることによって、チームが1つになるというか、いい方向に進むでしょう。特にいまの時代は、選手の言うことを、きちんと聞き入れながらやっていくことは非常に大事だと思います。

伊原 福良監督と西村ヘッドコーチは同郷(宮崎)ということもあり、現役時代から友人関係を築いていた。いまもお互いにいいコミュニケーションは取っていると思う。選手に対しては、やはり西村ヘッドコーチのほうが積極的にコミュニケーションを取るの?

西村 監督が選手と話すことも多いですよ。

伊原 そうなんだ。

西村 ただ、試合中や練習中でも監督と一緒にいる中・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング