週刊ベースボールONLINE

2018プロ野球シーズン大展望

【12球団戦力分析】ソフトバンク・一番 今宮が打線に火をつけ、盤石投手陣に大量得点を

 

ソフトバンクが投打に圧巻のパフォーマンスを見せた昨季のパ・リーグ。2018年も王者の牙城は簡単には揺るがない。攻撃陣の破壊力では引けを取らない西武、昨年の悔しさをバネに頂点を狙う楽天、個の力が充実するオリックスはソフトバンクの対抗馬となり得るのか。栗山英樹監督のタクトが冴える日本ハム井口資仁新体制で巻き返しを誓うロッテも、台風の目になる可能性は十分。やすやすと王者の独走を許すつもりはない。
※記録は3月17日時点

■2018開幕カード VS.オリックス(ヤフオクドーム)
2017対戦成績 18勝7敗0分 勝率.720

(ホーム9勝3敗0分・ビジター9勝4敗0分)

予想開幕投手 千賀滉大(初)

2017年の対Bs成績 3試合1勝0敗 防御率2.45


投手力&守備力


 工藤公康監督が先発ローテ入りの内定を出している5人のうち、アクシデントがあったのは和田毅のみ。その和田も左肩違和感に対して慎重を期しているからで、現状では開幕4カード目の日本ハム戦(ヤフオクドーム)に照準を合わせている。

 先発残りの1枠も中田賢一が有力だが、石川柊太の投球に本来のバランスが戻ればバックアップも強固に。ロングリリーフもできる石川の利便性は昨季も証明されている。

 リリーフ陣は今季も鉄壁の予感。岩嵜翔森唯斗といった勝ちパターン継投の中心メンバーはオープン戦からすでに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング