週刊ベースボールONLINE

2018プロ野球シーズン大展望

【12球団戦力分析】ロッテ・井口新体制でチームカラーの“粘り強さ”を取り戻す

 

ソフトバンクが投打に圧巻のパフォーマンスを見せた昨季のパ・リーグ。2018年も王者の牙城は簡単には揺るがない。攻撃陣の破壊力では引けを取らない西武、昨年の悔しさをバネに頂点を狙う楽天、個の力が充実するオリックスはソフトバンクの対抗馬となり得るのか。栗山英樹監督のタクトが冴える日本ハム井口資仁新体制で巻き返しを誓うロッテも、台風の目になる可能性は十分。やすやすと王者の独走を許すつもりはない。
※記録は3月17日時点

■2018開幕カード VS.楽天(ZOZOマリン)
2017対戦成績 9勝15敗1分 勝率.375

(ホーム5勝6敗1分・ビジター4勝9敗0分)

予想開幕投手 涌井秀章(4年連続4度目)

2017年の対E成績 4試合0勝3敗 防御率7.89


投手力&守備力


 涌井秀章はオープン戦で安定した投球を続け4年連続の開幕投手に内定、石川歩も復活気配、昨季後半で5勝を挙げた2年目の酒居知史も自信を確信に変えつつある。二木康太は独り立ちの期待に応える準備が整った。新外国人ではボルシンガーが先発ローテに加わりそうだが、左腕のオルモスは当落線上。6枠目を西野勇士唐川侑己らと争うことになりそうだ。今年もオール右腕の先発ローテになりそうなのは懸念材料だが、各々が額面どおりの力を発揮すれば、先発陣こそがチームのストロングポイントになるだろう。

 リリーフ陣は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング