週刊ベースボールONLINE

特別寄稿

川崎宗則の夢は終わっていない。

 

衝撃的だった川崎宗則(ソフトバンク)の退団発表。しかし、川崎自身からも球団からも「引退」の二文字は出ていない。若き日から取材してきたスポーツライター、田尻耕太郎氏に、返事を急がぬラブレターを書いてもらった。
文=田尻耕太郎(スポーツライター)

いつも少年のような一途な目をしていた


 衝撃の告白だった。

「自律神経の病気」

「身体を動かすのを拒絶する状態」

 3月26日、川崎宗則内野手の退団がホークスから発表された。本人の姿はなく、報道用のニュースリリースで川崎のコメントが伝えられたのだが、そこに記された近況報告には日本のみならず世界中が驚いた。

 昨季終了から未契約状態が続いていた。球団は契約延長の意向を示して保留選手名簿に名前を記載したが、2月のキャンプも不参加。そのまま開幕が間近に迫っていた。

「このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません」

 川崎サイドの意思を尊重する形で協議の上で自由契約とすることで合意したのだった。

 球界きっての元気者。どんな逆境も笑って跳ね飛ばす。そして、チームメートにも常に気を配り、声をかけるリーダーシップの持ち主。たとえば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング