週刊ベースボールONLINE

田中大貴のMonthly Column

田中大貴「館山昌平は松坂世代の中でも独特の雰囲気とカラーの持ち主です」/『松坂世代』あの夏から20年目の延長戦

 

兵庫・小野高、慶大で活躍し、東京六大学リーグ戦では早大・和田毅(ソフトバンク)と真剣勝負を演じた元フジテレビアナウンサー・田中大貴は、1980年生まれの「松坂世代」の1人。そんな野球人・田中が、同年代の選手たちをプロ野球現場の最前線で取材。テレビで報じられなかった至極のエピソードを、コラムにして綴る連載第2回

入念にストレッチをする館山。丸刈りには想像を超える理由が……


丸刈り頭の秘密


「タテ、そういえば、どうして丸刈りなの?」

 館山昌平の向かいに座っていた僕と和田毅が、ふと、そんな質問をしました。

「この頭ね……(笑)。左腕の腱から、右ヒジに腱を移し変えるでしょ。そうすると両手が動かない状態が続いて髪さえ触れない……。ヒジにメスを入れ始めてからずっと丸刈りなんだよね」

 館山らしく、平然と答えていました。ただ、僕と和田は何気なく聞いた質問に、こんな答えが返ってくるとは想像しておらず、衝撃さえ受けました。

 10度の手術。合わせて175針。

 まさに壮絶な・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング