週刊ベースボールONLINE

The GOAL 菅野智之が求める究極の姿

菅野智之コラム「プレートの踏む位置を含め、大切なのは抑えるために考え抜くことです」

 

写真=BBM


 ピッチャーズプレート(以下プレート)と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか? そもそもプレートとは、マウンド上に埋め込まれた投手板とも言われる長方形の白色の板(※ヨコ24インチ=60.96センチ、タテ6インチ=15.24センチ)で、ルール上、投球動作の際にはこのプレートのどこかに軸足が触れていなければいけません。今回はこの“プレート”をテーマにしたいのですが、考え出すとどこまでも掘り下げていってしまいそうなので、「どこを踏んで投げるのか」に絞って話をしてみたいと思います。

 中でもプレートの一塁側を踏むのか、中央を踏むのか、三塁側を踏むのかについては、折にふれて考えてきました。これまで日本では右ピッチャーならば三塁側がオーソドックスでしたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング