週刊ベースボールONLINE

2018ルーキー CLOSE-UP

チームに変革をもたらす男たち 颯爽ルーキーズ

 

いつの時代も球界を活性化させるのは若い力だ。今シーズンも新たな戦力が各チームに加わり、新風を吹き込んでいる。あの注目のスラッガーをはじめ、序盤戦で鮮烈なインパクトを残したルーキーたちにスポットを当ててみたい。
※成績は5月21日現在

日本ハム・清宮幸太郎 球界の未来を担う18歳


清宮幸太郎/内野手/16試合 率.173 1本 1点 0盗


 球史に名を刻む鮮烈なデビューだった。5月2日に一軍初昇格。「六番・DH」でいきなりスタメン出場した楽天戦(札幌ドーム)でのプロ初打席では、岸孝之から初スイングで中堅フェンス直撃の二塁打。そこから安打を積み重ね、迎えた同9日のオリックス戦(京セラドーム)では待望のプロ初アーチも放った。これで一軍デビュー戦から7試合連続で安打をマークし、新人選手の記録をド派手に塗り替えた。

 だが幸先よくスタートを切った後はプロの洗礼も浴びた。初本塁打のあとは21打席連続無安打。それでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング