週刊ベースボールONLINE

伊東勤のプロフェッショナル配球考

伊東勤コラム「普段、対戦しない打者と対峙する交流戦では相手の一番の強みを発揮させないリードを心掛けるべき」

 

6回、阪神バッテリーは直球系で押し、吉田正尚に同点三塁打を浴びた/写真=松村真行


2日前に浴びた本塁打の残像


 今回は6月7日に甲子園で行われた阪神対オリックスの交流戦(甲子園)から、阪神バッテリーが吉田正尚外野手と対戦した2つの場面を取り上げたいと思います。まずは1対0とリードしていた6回表一死二塁、梅野隆太郎捕手は秋山拓巳投手に対して、速球系一辺倒の配球で組み立てていきました。

 初球は低めのカットボールでボールになりました。2球目は高めの速球で見逃しストライク、さらに3球目の真ん中付近のカットボールでストライクを奪い、1-2と早めに追い込むことに成功しました。

 しかし4球目、梅野捕手が高めにボールにしようと思って要求した・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング