週刊ベースボールONLINE

出身校都道府県別ベストナイン

【栃木】“怪物”江川の衝撃。ヤクルト入りが多い地域/出身校都道府県別ベストナイン

 

過去に都道府県出身者別ベスト9選定企画は何度かあったが、今回は、少しテーマを変え、都道府県別の高校出身者の現役選手を中心にベストナインを選んでみた。つまり過去、兵庫組としていた田中将大(ヤンキース)は北海道、大阪組のダルビッシュ有(カブス)は宮城となる。なお、すべては編集部選定、異論・反論もたくさんあると思うが、ひとまずご容赦を。


 栃木の高校野球で真っ先に思い浮かぶのが作新学院高の江川卓投手だろう。甲子園の活躍で一躍注目を浴びると、法大を経て大騒動の末に、1979年巨人入りし、2度の最多勝をマークした。“怪物”江川の印象が強烈だが、作新学院高からは63年春夏連覇時のエース・八木沢荘六が67年に東京(のちロッテ)入りし、通算71勝。引退後はロッテで監督も務めた。南海の韋駄天で引退後は星野仙一の右腕となった島野育夫、92年、中日に入団し中継ぎで活躍した落合英二、現役では日本ハム石井一成内野手、今季プロ初勝利を飾った西武今井達也投手のともに入団2年目が活躍中だ。

 小山高からは85年と2006年にそれぞれヤクルト入団の広澤克実内野手、飯原誉士内野手の存在が光る。栃木からヤクルトへ進む選手が多く・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング