週刊ベースボールONLINE

出身校都道府県別ベストナイン

【東京】圧倒的に私学優勢の人材の宝庫。早実など1位輩出は20校超/出身校都道府県別ベストナイン

 

過去に都道府県出身者別ベスト9選定企画は何度かあったが、今回は、少しテーマを変え、都道府県別の高校出身者の現役選手を中心にベストナインを選んでみた。つまり過去、兵庫組としていた田中将大(ヤンキース)は北海道、大阪組のダルビッシュ有(カブス)は宮城となる。なお、すべては編集部選定、異論・反論もたくさんあると思うが、ひとまずご容赦を。

岩隈久志/Getty Images


 第1回大会=早実から現在まで私学が圧倒的な強さを誇る。公立校で甲子園に出場したのは東京高師付(46年夏、現筑波大付高)、国立(80年夏、西)など5校のみ。戦前は早実、慶応普通部などがリードしたが、その後は日大三高や68年からの日大一高4連覇など、有力校が乱立。74年からは東西2地区に分かれ戦国時代は続いている。

 当然有力な人材も豊富だ。東京が生んだ最大のスターは早実から59年巨人入りし、868本塁打を放った世界の本塁打王・王貞治内野手。後輩には83年ヤクルト入りの荒木大輔投手、07年日本ハム入りの斎藤佑樹投手、そしてこの春に日本ハム入りした清宮幸太郎内野手と、いずれもドラフト1位がそろう。近年の西東京を引っ張る日大三高からは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング