週刊ベースボールONLINE

伝説の強豪校オールタイムベスト9

東海大相模高・現役にトップ選手多数で全国屈指の強力布陣/伝説の強豪校オールタイムベスト9

 


 強いタテジマ軍団が戻ってきた。惜しくも頂点は逃すも2010年夏に準優勝すると、翌春のセンバツでは優勝。全国の舞台で存分に力を発揮している。そして15年夏、エース左腕・小笠原慎之介投手、右腕の吉田凌投手の二枚看板で、1970年夏以来45年ぶり2度目となる夏全国制覇を成し遂げた。2010年以降の充実ぶりを物語るように、同校のベストナインはほぼ現役選手で独占することとなった。

 打線の核となるのは巨人の「四番・サード」原辰徳内野手しかいない。通算1581安打の森野将彦内野手とともに強力な中軸を形成する。

 甲子園V左腕を押しのけたのは、今や球界のエースと呼べる菅野智之投手。捕手には3学年下で、現在も球を受けることのある巨人の同僚・大城卓三捕手だ。経験豊富な市川友也捕手には、意外性のある打撃を生かして一塁に回ってもらう。

 打線でトップバッターは赤ヘル打線の着火役の田中広輔内野手だ。中軸に名を連ねるのは巨人から日本ハム移籍後にブレークした右のスラッガー・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング