週刊ベースボールONLINE

出身校都道府県別ベストナイン

【静岡】静高、静商の伝統校の底力。現役は野手より投手が圧倒/出身校都道府県別ベストナイン

 

過去に都道府県出身者別ベスト9選定企画は何度かあったが、今回は、少しテーマを変え、都道府県別の高校出身者の現役選手を中心にベストナインを選んでみた。つまり過去、兵庫組としていた田中将大(ヤンキース)は北海道、大阪組のダルビッシュ有(カブス)は宮城となる。なお、すべては編集部選定、異論・反論もたくさんあると思うが、ひとまずご容赦を。


 県内甲子園勝利ランキングで1位、2位を占める静岡高、静岡商高からのプロ入りが多い。旧制一中の流れを汲み1896年創部の静岡高からは、1961年に東映に入団し、62年の日本シリーズでMVPの種茂雅之捕手、73年ヤクルト入りした小田義人内野手、89年に近鉄に入団し最優秀救援投手を5度手にした赤堀元之らがいる。現在でもオリックスの守護神・増井浩俊などが活躍中だ。

 静岡高とライバル関係にある静岡商高からは68年巨人入りし、左腕エースとなった新浦寿夫(新浦壽夫)、74年中日入りの巧打者の藤波行雄外野手、同年広島入りしのちに最多勝と沢村賞にも輝いた池谷公二郎がいる。野手では81年近鉄入団し、堅実なプレーの大石大二郎内野手が有名。

 ほかには・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング