週刊ベースボールONLINE

伝説の強豪校オールタイムベスト9

愛工大名電高・激戦区から生まれたスターたちの系譜/伝説の強豪校オールタイムベスト9

 


 愛工大名電高が生んだ最初のプロ野球選手は1962年に広島に入団した坪井猛投手。それ以来、今季DeNAに入団した東克樹投手まで、引退した選手も含めて28人をNPBに輩出してきた。

東克樹


 最初に大きな実績を残したのが、80年に西武に入団した鴻野淳基だった。西武では一軍に定着できなかったが、巨人へ移籍後に俊足の遊撃手として主力となった。81年夏の甲子園に出場したチームからは、エース左腕・工藤公康をはじめ、山本幸二捕手、中村稔内野手、高橋雅裕内・外野手の4人がプロ入り。なかでも工藤は西武、ダイエー、巨人など29年にわたり、第一線のマウンドで投げ続けた(16年野球殿堂入り)。

 87年には名電が生んだ最強のスラッガー・山崎武司中日入り。当初は捕手だった。そして、92年には高校時代は投手も務めた鈴木一朗(イチロー)がオリックスに入団し、現在にまで続くレジェンドの幕が開けた。2000年代に入ると、堂上兄弟(堂上剛裕外野手、堂上直倫内野手)がそろって中日入りを果たし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング