週刊ベースボールONLINE

出身校都道府県別ベストナイン

【京都】海を渡ったあの男から規格外の長距離砲まで多士済々/出身校都道府県別ベストナイン

 

過去に都道府県出身者別ベスト9選定企画は何度かあったが、今回は、少しテーマを変え、都道府県別の高校出身者の現役選手を中心にベストナインを選んでみた。つまり過去、兵庫組としていた田中将大(ヤンキース)は北海道、大阪組のダルビッシュ有(カブス)は宮城となる。なお、すべては編集部選定、異論・反論もたくさんあると思うが、ひとまずご容赦を。


 甲子園最多出場を誇る龍谷大平安高が京都の高校野球をリードしてきた。これまでに多くの選手をプロ野球の世界に送り込み、天秤打法の近藤和彦外野手(元大洋ほか)、広島で捕手から内野手に転向して才能を開花させ国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄阪神で活躍した桧山進次郎外野手らがOBにいる。

 ベストナインの投手は現役優先のため、平野佳寿(鳥羽高・現MLBダイヤモンドバックス)に譲ったが、伝説の投手・沢村栄治も京都商(京都学園高・巨人)の出身。峰山高には戦後初の三冠王に輝いた野村克也捕手(南海ほか)がおり、球史に名を刻んだレジェンドたちもこの土地から生まれている。さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング