週刊ベースボールONLINE

野球界を支える舞台裏の仕事人

巨人 チアガール・栗本唯梨 野球界を支える舞台裏の仕事人

 

日本のプロ野球チアガールの先駆けとして1994年から活動を開始し、いまや読売ジャイアンツの試合開催には欠くことができない存在となったヴィーナス。今回は21人のメンバーをまとめるリーダーの栗本唯梨さんに、多岐にわたるヴィーナスのお仕事について紹介してもらった。
取材・構成=坂本匠、依田真衣子 写真=松田杏子、BBM


きっかけは地元・長野での巨人戦。郷ひろみのモノマネでインパクト


 昨年までの18人からヴィーナス史上最多の21人になったチームを、先頭に立って引っ張るのが、メンバー最長4年目のシーズンを迎える栗本唯梨さんだ。まずはヴィーナスに加わるまでの経緯から聞いていこう。

 私がヴィーナスに興味を持ったきっかけは、2014年に地元の長野で行われた巨人戦でした。もともと、小さなころからダンスを習っていて、ずっと通っていたダンススクールがあったのですが、この巨人戦のときにヴィーナスとコラボをするということに。そのとき、私は上京していましたが、スクールから「帰ってきて」と連絡をもらい、一緒に参加させていただくことになりました。このときにヴィーナスという存在を知り、当日はスタンバイ中に当時のメンバーの方にどんなことをしているのか、年間でどれくらい曲数を覚えてどんなダンスをするのか、衣装は……などいろいろお話をうかがって、すごく興味を持ちました。

 翌日からいろいろ調べて、11月にオーディションがあることを知り・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング