週刊ベースボールONLINE

HOPE 輝き始めた新鋭たち

広島・高橋昂也インタビュー この男、エースの器 「舞台は大きいほうが、気持ちも上がってくるのでいいですね」

 

開花の時が来た。広島の昨年のドラフト2位左腕・高橋昂也は、6月28日の巨人戦(マツダ広島)で、待望のプロ初勝利をマークした。目先の変化でかわすのではなく、ストレートを軸としたオーソドックスなピッチングパターンで投げるその姿、さらに、「自分さえうまく調整できればやれるはず」という心の持ちようは、将来のエースの器を感じさせるに十分だ。
取材・構成=藤本泰祐 写真=湯浅芳昭(インタビュー写真)、前島進(試合写真)


「これぐらいを目指せば」が初勝利で分かった


 今季は、6月上旬までに2度、一軍で先発チャンスをもらったが、いずれも5回まで到達できずに降板。しかし、今季3度目の先発となった6月28日の巨人戦(マツダ広島)で6回3安打2失点、見事にプロ初勝利を挙げた。

――まずは初勝利についてうかがいますが、ご自身ではどうでしたか。

高橋昂 今までの中では一番、自分のピッチングができたと思います。まあ最低限のことはできたかなと。

――プロ1勝までは早かったですか、長かったですか。

高橋昂 長かったです。

――ウイニングボールはどうされますか。

高橋昂 実家に送ろうかと。

――初勝利の試合で、ゲームに臨むときの気持ちは。

高橋昂 結果を出したいという思いがありました。去年から、課題というのは自分で分かっていて、なかなか調整しきれていなかったんですけど、よくなってはきていたので。簡単に言うと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング