週刊ベースボールONLINE

HOPE 輝き始めた新鋭たち

オリックス・福田周平インタビュー “80%”の全力で 「走攻守の総合力で勝負。僕は3つとも欠けちゃダメだし、欠けたくない」

 

バットは一握り余して持ち、走塁では果敢に頭から滑り込む、身長169センチの小柄なガッツマンだ。一方で打席内ではバントの構えで投手を揺さぶり、際どいボールはファウルで粘るなど、冷静さも併せ持つ。そんな今季、ドラフト3位で入団した背番号4の躍動を支えているのは“100ではない全力”が物語るマインドコントロール力にある。
取材・構成=鶴田成秀 写真=宮原和也、BBM

オリックス福田周平 “80%”の全力で


はやる気持ちを抑えて生まれた打席での余裕


 自身のパフォーマンスを最大限に発揮するために――。連日の試合でもっとも意識するのはコンディションを保つこと。それは体だけではなく、心のコントロールも同様だ。だから全力=100ではない。

――4月上旬から一軍に定着。スタメンも増えつつあります。

福田 でも、今は技術的なことより、コンディションの大事さを感じています。アマチュア時代は、ここまで毎日、試合はなかったので。毎日、試合をする中で、疲れとどう付き合っていくかが大事だなと思いながら過ごしています。

――いかに翌日に疲れを残さないか。

福田 はい。シーズン前、プロ入り前から大事だと考えていたことです。

――疲れを残さないために心がけていることは。

福田 睡眠を取ること、食事をしっかり摂ること。それが一番。そこは、かなり意識しながら生活しています。

――生活リズムを一定にすることを意識している、と。

福田 デーゲームとナイターがあって一定にするのは難しいですけど、なるべく同じにしたい。その日がナイターだったか、デーだったかで違いますし、同じナイターでも延長に入れば、終わる時間も違う。常に同じリズムは難しいですけど、夜12時には寝るようにしています。その中で意識しているのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング