週刊ベースボールONLINE

野球界を支える舞台裏の仕事人

広島トレーナー・福永富雄 野球界を支える舞台裏の仕事人

 

球団初の3連覇へ突き進むカープ。ユニフォーム組の頑張り以外に、躍進の要因として挙げられるのが、選手の体のケアを行うトレーナー体制の充実だ。衣笠祥雄選手の連続試合出場記録を支えるなど、長く第一線で活躍し、現在はトレーナー部のアドバイザーを務める福永富雄氏は、日本プロ野球のトレーナーという仕事を切り開いてきた人物でもある。これまでの歩みを含めて、その仕事を紹介していただいた。
取材・構成=藤本泰祐、写真=早浪章弘、BBM


今はスタッフも機器も充実。手も口も出しません(笑)


 プロ野球のプレーヤーは、何といっても体が資本。その体のケアについて、球団内で選手をバックアップするのが、トレーナーだ。仕事の現場となるトレーナー室は、非公開ということで、写真ではご紹介できないが、その仕事のあらましをお話しいただいた。

 私は、もともと実家が鍼灸院をしていた関係で、自然に兄(重雄さん)ともども、この道に進むことになりました。兄は、まず巨人にトレーナーとして入りましたが、出身が山口ですので、「やはり地元に近いところでやりたい」ということで、先に兄がカープにお世話になることになりました。当時カープは、トレーナーが兄一人で、ファームにはいなかったんですね。それを、当時選手でしたが、半ばコーチに近いこともしていた上田利治さん(のち阪急監督)が指摘して、だれか入れようということになり、私が入ることになったのです。ですから、私がプロ野球のトレーナーという仕事をすることになったのは、上田さんのおかげ、と言えるかもしれません。それが、1961年のことでした。

 それから定年まで、ずっとトレーナーとして勤めさせていただき、現在はトレーナー部アドバイザーとして、後輩たちの仕事が順調に進んでいるかどうかを見つつ、何かあればアドバイスをしていくのが仕事です。とはいっても、今はもう優秀なスタッフがそろっていますから、ほとんど手も口も出さずに、見守っているだけですけどね(笑)。

 1日のタイムスケジュールを、ということなんですが、実は、トレーナーの仕事というのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング