週刊ベースボールONLINE

元プロが解説 甲子園HEROの技術

報徳学園高・小園海斗 ややバットが遠回り気味だが足の使い方に高いセンス/甲子園HEROの技術

 

ここでは夏の甲子園を沸かせた多くのヒーローの中からプロのスカウトがドラフト上位指名候補として注目する3年生4人をピックアップ。野球解説者の牛島和彦氏に金足農高の吉田輝星のピッチング、大島康徳氏に大阪桐蔭高の根尾昂藤原恭大、報徳学園高の小園海斗のバッティングを解説してもらった。
解説=大島康徳氏

こぞの・かいと[報徳学園高] 178cm79kg/右投左打


 小園君は決して大柄ではありませんが、パンチ力がありそうなスイングですね。大きく足を上げて下半身を絞り、お尻から投手に向かっています。踏み出す右足のヒザも開いていません。

 そしてステップした足が地面に着いたときは、まだかかとが浮いています。本人の感覚では、足が着いてスイングを始動していき、かかとを着くと同時にインパクトという流れではないでしょうか。

 このとき・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング