週刊ベースボールONLINE

ジャイアンツHISTORY

巨人軍監督史 創設期より圧倒的なV占有率を誇り4年連続V逸は2リーグ制後2度目

 

1970年代前半までは球界の歴史は巨人中心に回っていたと言って過言ではない。しかし以後は戦国時代に突入。2000年以降では、今回が2度目の4年連続V逸となる。

2リーグ制初期に黄金時代を築いた水原監督


球界の「聖域」


 1936年の公式戦スタート時から指揮を執った藤本定義は、アマチュアの東京鉄道管理局監督として巨人を破った実績を買われての就任だった。38年秋より5季連続優勝(43年は中島治康で優勝し6季連続)。のちの阪神監督時代は“伊与狸”と呼ばれたクセ者だが、当時は情熱的な指導で引っ張った。投手ではスタルヒン、打線では川上哲治、中島など圧倒的な戦力を誇り、あれこれ策を練るよりは個性派の選手たちをうまく束ねての黄金期と言える。

 戦後初優勝監督は49年の三原修(脩)だったが、シベリア抑留生活から帰国した水原茂のチーム復帰により、チーム内に内紛が起こり、50年、水原が監督就任、三原は名前だけの総監督となった。水原は51年から53年、55年から59年までリーグ優勝を飾っている。

 61年には水原からバトンを受け、川上哲治が監督就任・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング