週刊ベースボールONLINE

週刊ベースボール 60周年記念企画

廣岡達朗×石毛宏典 西武ライオンズLEGEND対談(後編)

 

西武ライオンズ黄金時代の礎を築いた名将・廣岡達朗氏と、黄金時代のチームリーダー、石毛宏典氏とのLEGEND対談後編。今回も球界の現在過去未来について歯に衣着せず語り尽くす。
取材・構成=井口英規


大谷はなぜ故障したかを検証しなければならない


石毛 兄やん(松沼博久)、工藤(工藤公康)もそうでしたが、監督は内野手出身なのに、投手を育てるのがうまかったですよね。

廣岡 投手を育てないと勝てないからね。ヤクルトの監督になったときも(76年途中)、まず先発投手のローテーションを組んだ。当時、ほかのチームにも、それらしきものはあったが、確立していなかった。相性で変えたりしていたからね。「5回までは我慢する。だから責任を持って投げろ」と伝え、それがいいふうにいった。選手が「監督は自分を信頼してくれる」と思ったんだね。

 1年目は投手をつくり、2年目はバッティング、守備とやった。一度に1つしかできないんだ。巨人で現役をやめ、評論家となったときに勉強したことでもある。サンケイスポーツの北川真二郎さんに「書きたいことが5つあったら、そのうち1つに絞りなさい。そうすれば、ほかの4つは枝葉になって生きる」と言われたのがヒントになったんだ。

 日本一になった3年目の78年には、「巨人へのコンプレックスを払しょくするために・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング