週刊ベースボールONLINE

スペシャルインタビュー

ロッテ・福浦和也 2000安打インタビュー 「ファンの声援が僕の体を動かしてくれた──」

 

1993年秋のドラフトで7位指名を受けてから25年。幕張で誰よりも愛され、マリーンズとともに歩んできた“現役レジェンド”が、ついに2000安打の大台に到達した。だが、まだ終わらない。43歳にして達成した史上52人目の偉業も通過点。さらなる夢に向け、歩みを進める。
取材・構成=杉浦多夢、写真=高塩隆、榎本郁也(インタビュー)BBM


2000本目が一番心に残る安打


 通算2234試合目、7951打席目の一打だった。1999安打を積み重ねて迎えた9月22日、ZOZOマリンでの西武戦。「六番・指名打者」でスタメンに名を連ねた福浦和也は、8回の第4打席に小川龍也のスライダーをとらえると、打球は右翼の右に弾んだ。笑顔を浮かべながら二塁へ滑り込むと、塁上で両手を掲げて大観衆の声援に応える。史上52人目の2000安打達成。42歳9カ月での到達は史上2番目の年長記録であり、球団としては榎本喜八有藤通世という2人のレジェンドに続く3人目の偉業だった。

──2000本目の安打は右翼に弾き返す“らしい”一打でした。

福浦 たまたま拾えたかなという感じですね。ヒットになってよかったなというのが一番です。

──最後は笑顔で二塁に滑り込み、普段はあまり見せないガッツポーズも飛び出しました。

福浦 笑顔はホッとした気持ちからでしょうね。ガッツポーズも無意識です。相当うれしかったんでしょう。場面も場面でしたしね。同点(2対2)の8回にノーアウトから二塁打を打てたということもうれしかったですから。

──残り4本として、9月15日の楽天戦からZOZOマリンでの8連戦に突入しました。

福浦 やっぱりマリンで決めたかったというのはありますね。井口(井口資仁)監督も「マリンで」と言われていたので。20日の西武戦が雨で中止になって残り2試合で2本になったときは、僕の中でもちょっとした焦りはありました。1試合でマルチとか猛打賞とかが打てればもっと簡単に決められたんですけど、そう甘くはなかったです。

──マリンの大観衆の前で決めることができました。

福浦 うれしいですね。1000本目はマリンだったんですけど、1500本目はヤフオク(当時ヤフードーム)でしたから、やっぱり2000本目はここで決めたいという思いがありました。あれだけのお客さんが見に来てくれて、球団もバックネット裏やスクリーンに「FUKU -METER」を出してくれたり、期待は感じていましたから。千葉のファンの前で打つことができて、喜んでもらえてよかったなと思います。

──2000安打の中で一番思い出に残る安打は、やはりこの2000本目だとおっしゃっていました。

福浦 そうですね。初安打もうれしかったですけど、今回は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング