週刊ベースボールONLINE

伊東勤のプロフェッショナル配球考

伊東勤コラム「打撃が狂うと立て直すのは難しい短期決戦の怖さ」

 

一打同点のチャンスで三振に倒れた中村/写真=小山真司


 プロ野球は長丁場のペナントレースを終え、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズと短期決戦に入ってきました。今回は西武ソフトバンクのパ・リーグのCSファイナルステージ第4戦(メットライフ)から取り上げたいと思います。

 ソフトバンクが4対2とリードしていた6回一死二、三塁の守りでした。5回から2番手で登板した武田翔太投手と甲斐拓也捕手のバッテリーは六番の中村剛也内野手を打席に迎えました。中村内野手はこのシリーズ3試合でわずか1安打、打率は1割にも満たない不振で、この日もノーヒットのまま、第3打席に立ちました。

 一打同点のピンチで、ソフトバンクバッテリーは初球に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング