週刊ベースボールONLINE

12球団2018年シーズン回顧

楽天・外国人依存が裏目に出てV争いから一転して借金24/12球団2018年シーズン回顧

 

今号から球団ごとの2018年シーズン回顧がスタートする。まずはパ・リーグ最下位に沈んだ楽天から。開幕直後から大不振に陥り、梨田昌孝監督がシーズン途中に辞任。この低迷の要因はどこにあったのか。

シーズン途中から平石監督代行体制となったが、調子は上向かなかった


6月に指揮官交代


 開幕2戦目からいきなり5連敗を喫し、出ばなをくじかれた。4月13日の西武戦(楽天生命パーク)では初回に3点を先制するも、5対7と逆転負け。これで単独最下位に転落すると、シーズン終了まで5位以上に浮上することはなかった。

 6月16日の阪神戦(楽天生命パーク)に敗れて借金が「20」にふくらむと、梨田昌孝監督は球団に辞任を申し出、受諾された。「打線が点を取れない。つながりが悪かった。(救援の)松井(松井裕樹)、福山(福山博之)の調子も悪かった。先発はそれなりに形はできたが……」。60試合を過ぎた時点での梨田監督の言葉が、チームの現状を物語っていた。

 この時点での松井の防御率は5.01、福山は6.88。昨季は機能した“勝利の方程式”が破綻していた。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング