週刊ベースボールONLINE

伊東勤のプロフェッショナル配球考

伊東勤コラム「エースが初戦で鮮明にした相手主砲への攻め方」

 

4回二死一塁で広島バッテリーは柳田に対して内角攻めを徹底し[写真]、最後は見逃し三振に仕留めた


 プロ野球のポストシーズンは、いよいよ最高峰の舞台、広島とソフトバンクとの日本シリーズに突入しました。今回は第1戦(マツダ広島)、広島バッテリー(大瀬良大地投手─會澤翼捕手)が2点リードした4回二死一塁で、この日2度目となる柳田悠岐外野手との対戦で見せた配球にスポットを当てていきます。

 広島は今シリーズ、この四番打者を抑えない限り、1984年以来、34年ぶりの頂点はないと言っても過言ではありません。バッテリーは厳しい配球で組み立てていきました。

 初球は内角低めにスライダー(判定はボール)、2球目も内角、球種はカットボールでファウルに。徹底的に内角を攻めていきました。

 2回のシリーズ初対戦の打席も同様でした。6球中、実に5球が内角に食い込むカットボールかスライダー。1球だけあった直球も内角でした。最終的には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング