週刊ベースボールONLINE

12球団2018年シーズン回顧

阪神・期待のロサリオ、藤浪の大不振。投打かみ合わず17年ぶりの最下位/12球団2018年シーズン回顧

 

球団別の2018年シーズン回顧の第2回目。今週はセ・リーグ最下位に沈んだ阪神だ。投打に自信を持って臨んだシーズンも四番の不振や先発陣の崩壊などで大失速。終盤で連敗を繰り返し、最下位に沈んだ。責任を取る形で金本知憲監督は辞任。低迷の要因はどこにあったのか。

10月10日の甲子園最終戦後に謝罪のあいさつをする金本監督。この夜、電撃辞任となった


藤浪と中継ぎ陣の不振


 シーズン前、金本知憲監督は、中継ぎ陣には大きな自信を持っていた。先発陣もメッセンジャー秋山拓巳が2ケタ勝利を挙げ、小野泰己などの若手先発陣も成長を見せていた。

 打線に目を移すと、中谷将大大山悠輔糸原健斗など成長が期待できる選手も多く、高山俊北條史也が勢いを取り戻せば、それなりの戦力はそろいつつあった。そこに韓国リーグで2年連続3割30本塁打100打点を記録したロサリオが加入。打線に厚みが出るはずだった。

「今まで(金本監督就任3年目)で一番強いと思います。キーマンはロサリオと藤浪(藤浪晋太郎)ですね」と金本知憲監督自身も、期待を持って臨んだ2018年シーズンだった。

 だが、フタを開けてみると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング