週刊ベースボールONLINE

データで解析 野球の謎!?

ドラフト指名高校生のスイング&球質データを大公開!2019年最注目ルーキーたちの未来予想図 打者編

 

第100回記念大会の夏の甲子園を沸かせ、ドラフトでも中心となった高校生たち。最強世代とも呼ばれる彼らはプロでどんな活躍を見せるのか。大阪桐蔭高の4人と吉田輝星のデータをひも解きながら、逸材たちの未来を占っていく。まずは打者編だ。
写真=BBM

藤原のスイング速度はギータ級!? プロのトップクラス


大阪桐蔭高→ロッテ1位・藤原恭大外野手


 史上初となる2度目の春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭高で、チームの中心として強力打線をけん引したのが藤原恭大選手と根尾昂選手です。ここでは2人のインパクト時の「スイング速度」と「スイング角度」を分析していきます。

 バットとボールが同じ場所で衝突していると仮定すれば、スイング速度は速ければ速いほど打球速度が速くなり、安打はもちろん長打や本塁打も増えやすくなります。高校生だと時速120キロ台、プロのトップ選手でも時速140キロ台が多いと言われていますが、藤原選手は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング