週刊ベースボールONLINE

ファームシーズン総括2018

DeNA・投手を中心に新戦力が台頭。戦力の底上げで選手層に厚みを

 

2018年、二軍はイースタン・リーグ4位でシーズンを終えた。万永貴司監督の下、若星たちが一軍で戦力となるべく研鑽(けんさん)を積んだ。今季流した汗は、間もなく実を結ぶはずだ。

一軍選手と同様に、ファームでも毎試合が真剣勝負だ


【育成方針】期待された突き上げ


 ファームの存在意義とは何だろうか。当然、チームとしてイースタン・リーグを戦っており、毎試合勝利を目指して順位を争うことが一つ。と同時に、若手の育成に力を注ぎ、才能を引き上げることで一軍の戦力を下から突き上げることにある。

 2017年セ・リーグ3位からCSを勝ち上がり、日本シリーズを経験したDeNAではあるが、やはり日本一のソフトバンク、セ・リーグ覇者の広島に対して、選手層という面では1ランクも、2ランクも劣っていた。オフにはFA宣言の大和をはじめ、楽天を自由契約された中川大志らを獲得したのも、一軍の層を厚くするためだ。とはいえ、外部からの“血”に頼るには限界がある。一人でも多く一軍で戦力になりうる素材を送り込むことが、ファームに課せられた命題であった。

 シーズン中、投手は先発のコマ不足と登板過多のリリーフ陣に割って入るような戦力が必要とされた。野手では代打で勝負できる勝負強い打者が一軍の補強ポイントだった。

 両面で今後が楽しみな戦力の台頭が見られたが、その一方で期待外れの面もあった。これらの経験を来季につなげていきたい。

【投手総括】若き才能の発芽


 投手陣は高卒右腕を中心に成果を挙げた。その背景には今年から加入した大家友和ファーム投手コーチの存在が大きかった。MLBでの経験もある同コーチに手ほどきを受けた京山将弥は、一軍デビューから3連勝を飾った。一軍昇格はならなかったものの、阪口皓亮は3勝9敗、防御率6.15と打ち込まれはしたがチーム最多の82イニングに登板。この経験がオフのU-23W杯での好投につながった。育成契約ながらルーキーの中川虎大も先発で経験を積んでおり、来季以降が楽しみな存在と言える。防御率1.92と抜群の安定感を誇ったのが平良拳太郎だ。シーズン終盤には一軍ローテの一角を担うまでに成長を遂げた。

体はまだ細いが、高いポテンシャルを感じさせる阪口


 新しい力が躍動するなかで、先発で伸び悩んだのが熊原健人だった。開幕前のオープン戦で結果を残せず、二軍に降格すると結局、一軍登板なしに終わっている。

 中継ぎでは笠井崇正田村丈がそろってプロ初マウンドを踏んだ。ほかにもルーキー左腕・櫻井周斗が先発・中継ぎ両方で適性を探るなど、可能性を秘めた素材がそろってきた。

【打撃総括】し烈なサバイバル


 一軍と二軍の行き来が活発だった野手陣は、倉本寿彦戸柱恭孝ら前年までのレギュラークラスがファームでプレーする機会が多く、チームに刺激を与えた。

 そうしたなか、楠本泰史(打率.323)、佐野恵太(.367)、山下幸輝(.304)といった左打者がファームで結果を残し、一軍の戦力となった。特に、佐野は代打として一軍で3本塁打を放つなど代打陣に厚みをもたらした。悲惨ともいえた2017年の代打成功率.156が、今年は.221まで改善した要因の一つには、横須賀で振り込んできた彼らの存在が貢献していた。

規定打席には届いていないが、楠本は打率.323とハイアベレージをマークした


 一軍での少ないチャンスをモノにできなかったのが関根大気飛雄馬細川成也らだ。二軍である程度数字を残して昇格しても、そこで首脳陣の期待に応えなければ、一軍定着にはならない。チーム内のし烈なサバイバルを勝ち抜く勝負強さという点では物足りなかった。またチーム最多の95試合に出場した大河(松尾大河)は、一軍昇格はならなかったが、U-23W杯で若き侍ジャパンの正遊撃手として、世界で経験を積み、来季の一軍デビューを目指す。

 来季に関して、ファームのコーチングスタッフに大きな変更はない。引き続き、万永貴司監督を中心に戦力の底上げを進める。

【編集部選】2019年期待の一番星 大河 未完成に宿る無限の可能性


大河内野手/20歳


 今季はチーム最多となる95試合に出場し、打率.237、1本塁打、10盗塁。規定打席を超えたのは、同期入団で同じ高卒野手の細川成也の2人だけであり、球団の期待の高さがうかがえる。客観的に見れば打撃も、内野守備も粗さがある。しかし失敗を恐れない積極的な姿勢は、それを上回る可能性を感じさせてくれる。パンチ力のある打撃と、次の塁を果敢に狙う走塁。広い遊撃の守備範囲が光る。打撃面では柳田殖生コーチの「右を意識して率を残そう」のアドバイスで一皮むけた。10月のWBSCU-23では若き「侍ジャパン」の遊撃手として、チームの準Vに貢献。この経験を糧に来季は一軍切符をつかむ。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング