週刊ベースボールONLINE

12球団2018年シーズン回顧

オリックス・戦力整い“台風の目”の声も、主力が低調で4年連続Bクラス/12球団2018年シーズン回顧

 

戦力が整い“台風の目”とされるも、投打の軸が低調で低迷期を抜け出せず。強固な救援陣を擁して12球団トップの防御率も打線がシーズンを通して上向かず、4年連続のBクラスに甘んじた。

球団から続投要請を受けるも、成績不振を理由に辞任を申し出た福良淳一監督[背番号78]。西村徳文新監督の元、来季こそ低迷打破を期す


浮上の気配も急失速


 低迷打破へ。金子千尋西勇輝らの先発陣に、山本由伸増井浩俊の勝ち継投。攻撃陣ではT-岡田吉田正尚の和製大砲に、ステフェン・ロメロクリス・マレーロの両助っ人をそろえ、さらに中島宏之小谷野栄一と経験豊富なベテランもおり、戦力は整い、開幕前は“台風の目”とも目されていた。が、蓋(ふた)を開ければ4連続のBクラス。低迷期から抜け出すことはできなかった。

 原因は明らかだ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング