週刊ベースボールONLINE

ファームシーズン総括2018

オリックス・続々と好投手が台頭。野手は打力向上が大きな課題

 

ウエスタン・リーグ3位の成績以上に投手には有望な若手がひしめき合っている。ただ、野手はまだまだ力不足が否めない。田口壮二軍監督が、来季から一軍コーチに昇格。若き力での“チーム力向上”は、来季も続く。
文=米虫紀子

田口壮二軍監督[写真右]が来季から一軍コーチに昇格する


【育成方針】「目配り」と「気配り」


 田口壮氏が二軍監督に就任して以降の3年間、ウエスタン・リーグでは5位、4位、3位と一歩ずつ順位を上げてきたが、その成績以上に田口監督は、「少しずつ戦えるようになってきた」と手応えを語った。

 田口二軍監督が3年間求めてきたのはその“戦う姿勢”と“つながり”だった。特に野手には「目配り」「気配り」と口酸っぱく言い続け・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング