週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「阿部慎之助の捕手復帰に思うこと」

 

来季、捕手に復帰することになる阿部/写真は2013年


 巨人で報じられるのは原辰徳監督の動向ばかりだ。担当コーチの話題はメディアであまり触れられていない。以前書いたように新体制の中には、野球の勉強を真剣にやっているとは思えないコーチもいる。現役時代に同じ釜の飯を食ったからといって起用するのはいいが、原も大変だとは思う。選手のみならずコーチの指導も一手に引き受けなければいけない。本来は「打撃のことはすべて任せてください。監督は余計なことは言わないでください」というぐらいの骨のあるコーチが必要なのだ。

 阿部慎之助は来季、本人の希望で捕手に復帰するらしい。そもそも捕手が務まらなくなって一塁へ行った男だ。その間、巨人が優勝していないからというエクスキューズを盾に古巣のポジションに戻ったとして、小林誠司を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング