週刊ベースボールONLINE

2019プロ・アマ球界大展望

「高校生BIG4」に熱視線!! 大学生、社会人にも注目の逸材がズラリ

 

2018年のドラフトは第1回1位入札で大阪桐蔭高・根尾(中日)と報徳学園高・小園(広島)に4球団、大阪桐蔭高・藤原(ロッテ)に3球団と「高校生野手」に11球団が集中した。19年も10代に注目が集まりそうな様相だが、大学生、社会人にも逸材候補が名を連ねている。
文=中里浩章

大船渡高・佐々木[写真]、横浜高・及川、星稜高・奥川、創志学園高・西。すでに「高校生BIG4」とNPBスカウトから高い評価を受ける


2年秋の時点で157キロの新怪物


 高校生は「将来性」という評価はもはや、過去のものとなるかもしれない。18年のスカウティング戦線は高校生野手が中心であったが、19年は高校生投手が形成するBIG4が話題を集める。

 2年夏の時点で大きな脚光を浴びたのが、大船渡高・佐々木朗希である。岩手大会で154キロを計測。県4強へ進出した同秋には3キロを更新して最速157キロと、マウンドに上がるたびに周囲を驚かせた。50m5秒9と身体能力が高く、打っては四番と野球センスの塊。菊池雄星大谷翔平に続く「岩手の新怪物」だ。すでに今春のセンバツ甲子園出場は絶望的であり、勝負は夏一本。3月の対外試合解禁には多くのNPBスカウトが、冬場を経た成長の確認に訪れるだろう。球春到来と同時に160キロの大台を突破する可能性もある。

 注目4投手のうちで唯一、センバツ出場を確実にしている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング