週刊ベースボールONLINE

12球団2018年シーズン回顧

日本ハム・下馬評を覆す快進撃を見せるもシーズン終盤で力尽きる/12球団2018年シーズン回顧

 

若い力の台頭もあってシーズン終盤まで熾烈(しれつ)な優勝争いを演じたが、最後は地力の差で西武ソフトバンクの前に屈した。2年ぶりの覇権奪回には何が足りなかったのか。栗山ファイターズの1年を総括する。

限られた戦力の中で西武と激しい優勝争いを演じたが、疲れが見え始めたシーズン最終盤で失速した


蒔かれていた種が開花


 2017年オフに投打の主力が一気にチームを離れ、ポスティングシステムを利用して大谷翔平もメジャー・リーグのエンゼルスへ移籍。投打二刀流の大黒柱がいなくなった。守護神を務めていた増井浩俊は国内FA権を行使してオリックスへ。主力捕手で選手会長も務めた大野奨太中日へ新天地を求めた。

 エース、主軸打者、抑え、扇の要とセンターラインが他球団へ流出し、目立った補強は例年より高い年俸で獲得した新助っ人外国人くらい。若手の成長にかける部分もあったチーム編成は、07年に続くBクラス予想が続出するのも致し方なかった。

 ただ、前年に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング