週刊ベースボールONLINE

12球団2018年シーズン回顧

ヤクルト・セ・リーグ屈指の強力打線が機能し、今後への期待がふくらむ2位躍進/12球団2018年シーズン回顧

 

2017年の96敗から見事な巻き返しを見せた。ただ、2位に躍進を果たしたものの、広島の独走を許し、優勝争いとまではいかなかった。さらなる高みを目指すためには、投手陣の再建が最重要課題となりそうだ。

小川監督[左]の新体制となり、見事にチームはよみがえった


主力打者が機能


 2017年シーズンは球団ワーストを更新する96敗を喫した。そこから小川淳司監督新体制となり、貯金9の2位まで巻き返したという意味では躍進のシーズンと言えそうだ。

 決して順調な滑り出しではなかった。4月後半から5連敗し、さらに6連敗2度と借金生活が続く。交流戦では球団初の勝率1位を勝ち取ったが、ペナントレースに戻ると調子も逆戻り。7月11日の巨人戦(神宮)に敗れ、泥沼の8連敗を喫してしまう。

 それでも18年のチームには、夏場に巻き返せる力が備わっていた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング