週刊ベースボールONLINE

どうなる!? 2019春季キャンプ

変わる春季キャンプ 春季キャンプは体づくりの場から実戦&見極めの場へ

 

2019年の球春到来を告げる春季キャンプがいよいよ幕を開ける。だが近年、和やかなムードは徐々に影を潜め、初日から緊張感が漂うようになってきた。春季キャンプの“変化”とともに、12球団の最注目ポジション争いをチェックしていこう。
写真=BBM

日本ハムは昨年[写真]同様、一軍の一次キャンプはアリゾナで土台づくりからスタートする。しかし、大きくキャンプのあり方を変えつつある球団もある


“超・実戦主義”が加速


 春季キャンプ序盤の風景がこの数年、変化してきている。春季キャンプは調整の場ではない、フルスロットルでスタートする選手たちを首脳陣が初日から見極める場。実績あるベテランであってものんびりとオフを過ごし、ゆるりとキャンプインすれば、あっという間に弾(はじ)き出される。そんなヒリヒリとした刺激的なムードが今年はさらに加速しそうだ。

 象徴的なのはロッテだ。昨年の段階から井口資仁監督は2月に多くの実戦の場を設けることを示唆。事実、発表された石垣島春季キャンプは2月1日から11日までという異例の短期日程で、その後は沖縄本島、高知、宮崎を転戦しながら2月だけで15試合の練習試合をこなす“超・実戦主義”とも言えるものだった。

 さらに指揮官はキャンプ初日にいきなり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング