週刊ベースボールONLINE

名コーチインタビュー

DeNA・田代富雄コーチインタビュー “ポスト筒香”は俺が育てる! 9年ぶりに古巣復帰!多村、内川、村田を手掛けた名コーチの指導論

 

現役時代からオバケのような特大ホームランをかっ飛ばし、「オバQ」のニックネームで愛された。コーチとしては多村、内川ら多くのスラッガーを育てながら、ユニフォームを着ることにこだわり、チームを離れたのが2010年。今季、9年ぶりに横浜に帰ってきた。目的はただ一つ、優勝に貢献できるスラッガーを育て上げることだ。
取材・構成=滝川和臣、写真=大賀章好、BBM


9年ぶりの復帰。感じたチームの雰囲気


──9年ぶりに古巣ベイスターズに復帰されて、どんな気持ちですか。

田代 こうやって長いことユニフォームを着させてもらって、この歳までやらせてもらうことにまず感謝だね。あと何年も着ることはできないので、最後は自分が育ててもらった球団で終わりたいとは思っていたところ、ちょうど運よくベイスターズのユニフォームを着ることができた。本当にありがたいです。(キャンプ地の)宜野湾も楽天のときに練習試合やオープン戦で来ているけど、久しぶりだからね。

──チームの雰囲気はいかがですか。

田代 いいですよ。フロントや現場には私が知っている顔が何人かいるので、やりにくさもないし、溶け込めていると思いますよ。

──2010年湘南シーレックス(現DeNA二軍)監督を辞して、韓国、楽天、巨人で指導をされてきました。外から見るベイスターズはどんな印象でしたか。

田代 楽天で4年、そのあと巨人で3年コーチを務めてきました。オープン戦などで対戦するたびにいいチームになっているとは感じていたけれど、ここ数年は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング