週刊ベースボールONLINE

2019最速順位予想

川口和久×里崎智也 2019ペナントレース最速順位予想解説者対談【セ・リーグ編】

 

川口和久氏と里崎智也氏によるシーズン展望。パ・リーグ編に続いてセ・リーグ編をお届けしよう。やはり4連覇を狙う王者・広島を、どのチームが、どう止めるのかが最大の焦点になりそうだ。
※成績・情報は2月20日時点 取材・構成=杉浦多夢 写真=椛本結城(インタビュー)、BBM

川口和久


丸の抜けた穴は軽微!?巨人に問われる適材適所


川口 サトはDeNAが2位か。DeNAの評価が高いんだよなあ。

里崎 いや、これも雰囲気ですよ(※パ・リーグ編参照)。僕はセ・パともに今年は雰囲気チームを2位にしているんです(笑)。

里崎智也


川口 まあでも、広島が4連覇できるのかっていうところだよね、セ・リーグの注目は。丸(丸佳浩)の抜けた穴は大きいのか、そうでもないのかっていう。

里崎 順当に行けば野間(野間峻祥)がセンターに入って、レフトに長野(長野久義)ですよね。長野は昨年だって打率.290、13発のホームランを打っていますし、長野の終盤の活躍がなければ巨人は4位だったかもしれない。春先に調子が上がらなかったりしますが、1年間トータルで考えると毎年コンスタントに結果を残しているんですよね。ほかにも松山(松山竜平)、バティスタや下水流(下水流昂)がいて、堂林(堂林翔太)も調子を上げている。丸が抜けたのは痛いですけど、総合力で考えるとそれなりに補えるんじゃないかって。

川口 先発陣は大瀬良(大瀬良大地)、ジョンソンのあとは誰だって感じだけど、野村(野村祐輔)も岡田(岡田明丈)も九里(九里亜蓮)も5、6回まででいいと思っているから、それなりのピッチングはすると思うんだよね。問題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング