週刊ベースボールONLINE

2019シーズン大展望

広島・全体の層の厚みは健在も、焦点の三番にメド立たず/開幕直前戦力分析

 

三番は結局、長野が調子を上げてくるのを待つしかないか……


【投手力&守備力】


 先発は、大瀬良大地、ジョンソンの両輪に、野村祐輔九里亜蓮岡田明丈といった昨年同様の顔ぶれに、トミー・ジョン手術を経ての復活となる左腕の床田寛樹が加わる形がベースになりそう。そのほか、ローレンスが調子を上げてくれば、先発させて一定期間登録抹消し、中継ぎの外国人投手と入れ替えつつ起用する形も考えられる。

 開幕投手は大瀬良が濃厚だが、以降の組み合わせは今後の調整次第。ジョンソンと野村を第2戦と2カード目の初戦に割り振る形になるか。第3戦は巨人とのオープン戦で好投した床田をぶつけるのが面白い。

 救援は一岡竜司フランスア中崎翔太の勝利の方程式が基本になるのは変わらないが、その前に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング