週刊ベースボールONLINE

2019シーズン大展望

DeNA・今シーズンも先発投手に離脱者 強力打線で投手陣を援護したい/開幕直前戦力分析

 

来日1年目で最多本塁打のタイトルを手にしたソトをはじめ、打線は破壊力満点


【投手力&守備力】


 昨季から先発陣の故障に泣かされてきたが、またしても開幕を前に離脱者だ。先発ローテの軸として期待されていた石田健大が左ヒジの張りで開幕に間に合わないことが判明。左ヒジの違和感で二軍調整中の東克樹と並んで、チームには大きな誤算となった。

 オープン戦では、先発候補として期待されていた京山将弥阪口皓亮の若き右腕がそろって失点し二軍落ち。バリオスもピリッとせず、現時点では今永昇太濱口遥大井納翔一飯塚悟史に、ルーキー右腕の上茶谷大河大貫晋一の6人が先発ローテ候補となる。開幕投手は今永が濃厚。濱口を裏ローテのアタマに持ってくると予想を立てると、中日との開幕カードの先発は、今永、上茶谷、飯塚の3人か。

 リリーフ陣は砂田毅樹三上朋也パットンら中継ぎに、クローザーの山崎康晃を加え、ある程度計算できる顔ぶれ。とはいえ、先発陣がそろって早いイニングで崩れるようであれば、昨年同様にリリーフ陣の負担は増す。三嶋一輝国吉佑樹のようなロングリリーフ可能なリリーバーも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング