週刊ベースボールONLINE

2019シーズン大展望

阪神・先発、中継ぎともに強力布陣に 若手野手陣の成長が最下位脱出へのカギ/開幕直前戦力分析

 

矢野監督は超積極的野球を仕掛けていく。全員が次の塁を狙うためにあらゆる準備をしてから臨む1年となる[写真は主将・糸原]


【投手力&守備力】


 オリックスからFAで西勇輝中日からガルシアという昨季2ケタ勝利した2人が加わり、厚みを増した先発陣。メッセンジャー岩貞祐太に加えケガから復帰を目指す秋山拓巳が復調気配を見せサイドスロー・青柳晃洋がオープン戦で結果を残したことで、藤浪晋太郎の二軍降格の影響は少ない。若手の才木浩人がやや伸び悩んでいるのは誤算か。この藤浪と才木を抜きでも安定した先発陣が出来上がり、この中から4人の2ケタ勝利投手が出るとチームは首位争いができる。

 中継ぎ陣はリーグ屈指。5回からでも勝ちパターンの投手を起用できる強みは大きい。岩崎優桑原謙太朗、新加入のジョンソン、藤川球児に、ケガ明けの石崎剛でクローザーのドリスにつなぐ布陣は強力だ。

 課題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング