週刊ベースボールONLINE

明日のチームを担う次世代エースの鼓動

進化する原石 今井達也、堀瑞輝、藤平尚真、大竹耕太郎、二木康太

 

オリックス山本由伸(→関連記事「オリックス・山本由伸インタビュー 新たな自分で勝負」)を筆頭に、パ・リーグ期待の若手投手は、一軍経験者がズラリ。秘める潜在能力を開花させ、エースの階段を登っていく。
※能力値は編集部採点で各5点満点。成績は3月14日時点。

西武・今井達也 “大人扱い”される若獅子右腕


今井達也/3年目


2018年成績:15試合、5勝5敗0H0S、防御率4.81
オープン戦成績:2試合、1勝1敗0S、防御率1.64

「今井に対しては“高卒3年目”という見方はしない。先発の柱として“大人扱い”をする」と辻発彦監督は言う。昨季、プロ初勝利を含む5勝をマーク。菊池雄星がメジャーへ旅立った今季、開幕から先発としてフル回転することが求められている。力強い直球が武器。キャンプでは投げる際、体の開きを抑えることに取り組んだ。昨季、好不調の波が激しいことを実感、フォームを矯正してコントロールを磨くことに腐心した。2年目の昨季・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング