週刊ベースボールONLINE

2019シーズン大展望

ソフトバンク・まさかのケガ人で誤算!? も新戦力&好調助っ人に期待ふくらむ/開幕直前戦力分析

 

150キロ超えの直球で打者を圧倒。ドラ1ルーキー・甲斐野は開幕一軍切符をつかんだ


【投手力&守備力】


 不安視されたリリーフ陣の調整遅れだが、嘉弥真新也はオープン戦で登板を重ね、少しずつ調子を取り戻している。加治屋蓮も3月16日のDeNA戦(横浜)で一軍復帰すると1回を3人でピシャリ。工藤公康監督も開幕一軍の可能性を示唆した。

 また、プロ入り後、最速157キロの直球を武器に力投を見せていたドラ1ルーキー・甲斐野央が開幕一軍入り内定。ドラ7の奥村政稔も回またぎの連投をこなして準備は万端だ。

 先発の柱の1人・バンデンハークが開幕アウトで枠が空いた先発陣は、3月13日の巨人戦(ヤフオクドーム)での好投で武田翔太の開幕先発ローテ入りが決まった。残りはここまで粘投を見せている大竹耕太郎のほか、高橋礼もしくはスアレスが有力だろう。

 一方で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング