週刊ベースボールONLINE

ありがとう、平成!激動史【1989-2018】

【2009-13年】セは原巨人と落合竜の2強。パは楽天が東北のために初V/平成激闘史

 

2009年、原辰徳監督がWBCで世界一、さらに巨人監督としても日本一に輝く。パでは11年東日本大震災で甚大な被害を受けた東北の球団、楽天が13年に初優勝、さらには日本一となった。

2009年、原辰徳監督は春はWBCの指揮官として、秋は巨人の監督として宙に舞った[写真は日本シリーズ]


 2009年の主役は巨人、そして原辰徳監督だった。同年2回目のWBCがあり、原監督は日本代表監督として、世界一連覇に導いた。さらにシーズンに入り、ユニフォームを“G”に替えてからも快進撃は止まらない。2位中日に最終的には12ゲーム差をつける独走で36年ぶりのリーグ3連覇を飾った。日本シリーズでは若きエース、ダルビッシュ有がけん引したパの覇者・日本ハムを下し、7年ぶりの日本一。前回は02年、原監督1期目の初年度だ。

 翌10年、巨人4連覇を止めたのは、落合博満監督率いる中日。チーム防御率3.29の盤石の投手陣が支えた。パは西武との激闘を制したソフトバンクが、球団名が変わって初優勝。秋山幸二監督2年目だった。しかしクライマックスシリーズ(CS)で波乱が起こる。レギュラーシーズン3位のロッテが2位西武を撃破した勢いでソフトバンクものみ込み、さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング