週刊ベースボールONLINE

野球を愛した男 グッバイ!イチロー

引退を惜しみ偉業を称えつつ イチローなきシアトル開幕戦

 

現地時間3月28日、マリナーズは本拠地T-モバイル・パークにてアメリカでの開幕戦を迎えた。しかし、そこには東京で引退を表明したイチローの姿はなかった。それでも、彼の偉業を称えるチームメートなどからの声が次々に聞こえてきた。
写真=Getty Images、BBM


世界中に影響力を示した引退


 約1カ月前まで、アリゾナ州ピオリアで、日本での開幕戦に向けて必死に調整をするレジェンドがいた。しかし、現地時間3月28日、マリナーズの本拠地シアトル、T-モバイル・パークでの華々しい開幕セレモニーで外野から選手たちが次々と登場していく中、イチローの姿はそこになかった。

 約1週間前の日本時間3月21日、イチローは日本で行われたアスレチックス対マリナーズの開幕シリーズ第2戦で引退を表明し、その日の深夜に会見を行った。「今日のあの、球場での出来事、あんなものを見せられたら、後悔などあろうはずがありません」と日本のファンに感謝の言葉を綴(つづ)った。2001年にマリナーズに移籍をして以降12年途中まで、そして昨季の18年と19年、約15年間の長きにわたりシアトルで戦い抜いてきたイチローに対し、マリナーズファンもまた日本と同じような態度を示すことには間違いないだろう。しかし、まだその時は訪れていない。

 21日の深夜にチャーター機で帰国したマリナーズナインとは別に、イチローは引退会見に臨み、翌日シアトルに帰ったが、現地時間の23、24日にシアトルで行われたファンフェスタには顔を出さなかった。その後、開幕戦のセレモニーにどのような形で登場するのかさまざまな憶測が流れていた。ジェリー・ディポトGMが何かしらの役職を与えるという話も出ていたが、それもいまだに公表されていない。

 一方で、今回のイチローの引退に際し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング